データを使った製品開発 (by Sequoia Capital) 厳選記事リスト

Sequoia によるデータを使った製品開発についての厳選記事を紹介します。すべての記事はこちらからご確認いただけます。

FoundX リソースのカテゴリ別リンク集はこちらからご覧いただけます。

プロダクトの進化 (Sequoia Capital)

プロダクトを「初期段階」「成長段階」「超成長段階」に分け、それぞれの段階でどういう状態が健全なのかを解説しています。

プロダクトの健全度を測る (Sequoia Capital)

継続率、エンゲージメント、スティッキネスと言っても様々なメトリクスがあります。そのメトリクスから自分たちの製品に会うものを探したい時に参考になる記事です。

プロダクトの成功を定義する:メトリクスとゴール

メトリクスを選んだら次はゴール設定です。どのようなメトリクスに対して、どの程度のゴールを設定すれば良いのかを判断する際に役立ちます。

正しいユーザーメトリクスを選択する

本記事もメトリクスの選び方です。大型のテック系企業の参考指標も取り上げられています。

リテンション

継続率は製品の初期に最も重要な指標の一つと言われます。リテンションの性質から計測方法、改善方法まで、包括的に説明されています。

プロダクトの成功のためのフレームワーク

フレームワークを作ることで、問題をより整理して理解できます。自分たちの製品独自のフレームワークを作りましょう。

エンゲージメントはスティッキネスを駆動し、スティッキネスはリテンションを駆動し、リテンションは成長を駆動する

継続率を高めるためにはエンゲージメントに注目してみるところから始めましょう。エンゲージメントについてはより詳しい一連の記事もあります。

世界クラスのチームを作る

チームの作り方、そしてチームを育てるためにマネジメントレイヤーとしてできることがまとめられています。

ストーリーテリングを通してプロダクトを理解する

ストーリーがあることでデータをうまく解釈できます。データを扱う人たち向けの上手なストーリーの組み立て方について解説しています。

ajax-loader